ホーム > よい子のダイヤル > 娘が「学校やめたい」
件名 娘が「学校やめたい」
分類 進路・適性
質問内容  高一の娘は、あこがれの職業を目指して高校受験に取り組み、現在通う進学校に合格しました。しかし、二学期初めごろから時々頭痛を訴え、学校を欠席するようになりました。最近では、「学校をやめたい」と言うこともあります。退学してもその後の進路が心配です。どうすればよいでしょうか。 
対象者 高校生
回答内容  娘さんは、今、壁にぶつかり苦しんでいるようです。お母さんとしてもご心配のことでしょう。このような場合、怠けているのではと娘さんを責めたり、子育ての仕方が間違っていたのではとご自分を責めたりしがちです。受験に向けて努力し続けてきた娘さんは、今はその疲れでエネルギーが切れた状態にあるようです。また、高校に進学し、新しい環境の中で戸惑いを感じているのかもしれません。
 まずは、あまり詮索せず、娘さんが安らげる家庭環境をつくってください。お父さんとも協力し、日常生活の中で娘さんのよさを認めたり、娘さんが興味を示すものを題材にして親子の会話を増やし、意思疎通を図ってみてください。娘さんは、認められることで自信が回復し、ご両親の気持ちが伝われば、自ら悩みの原因を打ち明けてくれると思います。
 そして、娘さんが、自分の気持ちを話し始めたら、十分に聞いてあげるとともに、進学した目的などについてもう一度話し合ってみてください。自分の気持ちを「話す」ことで、ストレスば発散され、自身と向き合うこともでき、前向きな気持ちも生まれます。
 娘さんの話に対して、親の考えを一方的に押しつけるのではなく、あくまでも娘さん自身が考える姿勢を大切にしながら、多面的なアドバイスをしてみてください。親子で一緒に悩み、考えてあげることが大切です。

-----------------------------------------------------------
育児やしつけなど、家庭教育に関する悩みがありましたら、家庭教育電話相談「よい子のダイヤル」まで、気軽にお電話ください。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.manabi.pref.gunma.jp/gllc/yoiko.html 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ
Copyright©群馬県生涯学習センター All rights reserved