ホーム > よい子のダイヤル > 何かと親を避ける息子
件名 何かと親を避ける息子
分類 家庭の人間関係
質問内容  最近、息子が何かと親を避けているように思われます。私がちょっと話しかけても「うるさいなぁ」という返事がかえってきます。今までは親の言うことを素直に聞く子だったのでよけいに「もう、勝手にしなさい」と言いたくなってしまいます。どう接したらよいでしょうか。(中一男子の母) 
対象者 中学生
回答内容  今まではよい子だと思っていたお子さんの変化に、お母さんがショックを受け、対応に戸惑いを感じていらっしゃる様子がよく分かります。
 素直であどけない小学生だったのに、中学生になって、自己主張が強くなり、母親に対しても口答えするようになってきたお子さんの変化に、戸惑いや不安を感ずるのは無理もないことと思います。
 いま、お子さんはお母さんの保護の下を少しずつ離れながら、自立しようとしている時期なのです。それが時にはお母さんに対する反抗的な態度となって表れたりすると、戸惑うお母さんの気持ちも分かります。
 しかし、放っておいても自立していけるかと言うと、そうはいかないようです。「うるさいなぁ」と口答えした後から「ねー、お母さん」と言ってくることもあり、びっくりするというお話ですね。
 親から離れて自立したいという気持ちと同時に、親に甘え、頼っていたいという相反する感情の中で大きく揺れながら成長しているのがこの時期の子どもの特徴です。
 ですから、この時期は過干渉にならないよう、適当な距離をおき、お子さんの言動を温かく見守りながら接するよう心がけることが大切です。
 お子さんとの距離をおいて、付かず離れず、じっと見守らなければならないことは、お母さんにとって大変かもしれません。しかし、お母さん自身の成長が、お子さんを一人前の人間へと成長させる力になると信じ、努力してほしいと思います。

-----------------------------------------------------------
育児やしつけなど、家庭教育に関する悩みがありましたら、家庭教育電話相談「よい子のダイヤル」まで、気軽にお電話ください。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.manabi.pref.gunma.jp/gllc/yoiko.html 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ
Copyright©群馬県生涯学習センター All rights reserved