ホーム > よい子のダイヤル > 登校できる子に
件名 登校できる子に
分類 不登校
質問内容  学年が変わってから気持ちが悪い、腹が痛いと言って、登校できません。同級生が通りすがりにいたずらしたり、仲間はずれにすると言うのです。/ 担任の先生は、他の子と変わりなく、勉強もよくできると言います。どうしたら登校できるようになるのでしょうか。(小二男子の母) 
対象者 小学生
回答内容  登校できない要因は、友達や教師との人間関係の不調、学習への不適応など、学校生活における緊張・不安・恐怖が直接的な契機となることも考えられます。
 また、親の養育態度や親子関係の在り方が要因になっていることも否定できません。
 お子さんの場合は、性格が素直で、だれにも優しく、勉強もできる普通の子供さんのようですが、同級生との友人関係の不調やたくましさ、耐性などに問題があるように思われます。
 このことは、友達との付き合いや遊びの経験不足によるところが多分にあるものと考えられます。
 ですからここで、性急に登校をさせようとあせれば、かえってお子さんを追い詰める結果となりますので、まずは担任の先生と十分に相談したり、今までの養育態度や親子関係の在り方から次の点をじっくり見直してみてはいかがでしょう。
 ー立心や耐性について。
 親の養育態度における過保護、過干渉をひかえ、厳しいことも自ら打開していくようなたくましさを育てる。
 ∨かな人間関係について。
 地域の子供会やボランティア活動に積極的に参加し、友人と交わり、集団の中で役割を果たし、相手の人柄に触れる機会をもたせる。
 親子が共にする体験学習について。
 親子で一緒に家事やスポーツなどを行い、体験や活動を通して親子の触れ合いを深め、愛情と信頼に基づく子育てを行う。その場合、それを支える父親の責任ある養育態度や役割を果たすことが大切です。
 また、学校での友人関係の融和や親ぼくを図るため、担任の先生に相談し、よい友達関係つくりに、側面からの助言と協力をしていただくことも必要でしょう。
 ともあれ、お母さん自身が不安を取り除き、お子さんには多様な生き方があることを踏まえて、急がずに自立させるよう温かく見守ってやりましょう。

-----------------------------------------------------------
育児やしつけなど、家庭教育に関する悩みがありましたら、家庭教育電話相談「よい子のダイヤル」まで、気軽にお電話ください。詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.manabi.pref.gunma.jp/gllc/yoiko.html 
 
前の画面へ戻る
▲ページトップ
Copyright©群馬県生涯学習センター All rights reserved